お得なキャンペーン実施中!!

会社紹介

ご挨拶

ごあいさつ

経営理念

地球にやさしく
人にしあわせ


株式会社FCCのホームページにお立寄り賜わり誠にありがとうございます。

弊社では、経営指針の基に理念を追求する経営を行っております。
経営理念は会社概要に掲載させて頂きました通りですが、大きく分けて環境衛生の創造と、道徳心に裏づけられた社員の心の豊かさと幸福です。
誠に微力ではありますが、理念に沿った小さな社会活動を実施しております。
今後も会社の発展と会社の規模に比例した活動を地域や社会のために継続していく所存です。

事業に関しましては、一般的に「環境衛生」と一言で綴られて言われますが、本来、「環境」と「衛生」は相反する性質があるのではないかと思っています。虫を駆除するには殺虫剤を使用し、虫は殺したが環境に害を与える、また、清掃をするために洗剤を使用し、身の回りはきれいになっても、河川や海を汚しています。弊社の事業の目的の一つには、この相反する環境と衛生を一体とさせることが挙げられます。

FCC Systemは、害虫駆除も殺虫剤を使用しない方法を採用し、厨房清掃にも河川や海を汚染しない洗浄剤を、消臭に関しても純植物抽出液を使用しております。まだまだ化学薬品に頼らなければならない部分はありますが、これらの商品も将来的には環境に配慮されたものに切り替えていく所存です。そして新たな環境に配慮した衛生システムやさらに積極的に環境を浄化させる商品群やシステムも充実させていく予定です。

技術と商品とサービスの高い質を、弛まぬ努力をもって追及し、社員の成長と会社の発展と共に地域社会と地球の環境に貢献できる会社を目指していきます。

株式会社 FCC
代表取締役 深澤 正司

顧問挨拶

顧問挨拶

環境負荷が小さいコーキング工法とは?

「食の安全・安心」が求められる昨今、飲食店舗、厨房の問題虫対策によるペストコントロールは、それを実現するための重要な要素の一つです。ゴキブリは、僅かな餌と隙間があれば増え続ける厄介者です。かつては、殺虫剤による駆除・撲滅を良しよしていましたが、今日では強力薬剤の"撒布"を控えた管理方法が求められています。 そこでゴキブリの行動修正からみた必須手段として、清掃、追い出し、待伏、そして誘殺という手順が考え出されました。 さらにFCCの「コーキング工法」は、さらにその先を行く、環境負荷の小さい究極のテクニックです。今言われているIPM(総合的有害生物管理)を原則とするエキスパートの「監視」に基づいた隙間処理です。ゴキブリの特性である隙間潜伏性に着目し、潜伏場所を壁や基材に優しい"天然素材"のシーリング材により封鎖します。

【経歴】
1934年生まれ
1956年 静岡大学農学部卒
1959~75年 大正製薬株式会社 研究部勤務
1975年より 千葉県衛生研究所医動物研究室長
1989年より 同研究所次長を経て、
1994年 退社
現在、防虫化学研究所所長
東京医科歯科大学医学部準常勤講師

【経歴】
農学博士(名古屋大学、昭和44年)
医学博士(東京医科歯科大学医学部、昭和55年)

会社概要

アクセスマップ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ