お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

これから流行のピークを迎えるインフルエンザ

▼詳細
日頃、飲食などに従事される方は食虫毒の予防対策など、衛生面で非常に気を使われているかと思います。勿論、食虫毒発生の予防対策は必要不可欠な点だと思いますが、この時期はそれに加えてインフルエンザの予防対策も是非とも行なって欲しい点になります。今回はこのインフルエンザの予防対策についてご紹介します。

日本では、インフルエンザは冬の時期に毎年流行してます。11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小規模なピーク、そして1~3月に本格的なピークを迎えます。

通常の風邪とは異なり、急速に発生する悪寒、発熱、頭痛や全身の倦怠感、筋肉痛を特徴とし、咳や痰などの気道の炎症症状や、腹痛や嘔吐などの胃腸の症状を伴うケースもあります。

主な感染経路は空気感染や患者からの接触感染もありますが、咳やくしゃみなどによって、口や鼻の呼吸器系から感染する飛沫感染が大半です。

インフルエンザに感染・発症しない為には、まず日常生活の中での予防対策が重要になってきます。その中でも特に気をつけて頂きたい点が5つありますので、ご紹介します。

①栄養と休養を充分に取る・・・体力をつけ抵抗力を高める事で感染し難くなります。

②人ごみを極力避ける・・・ウィルスを寄せ付けない事で感染の可能性を低くします。

③適度な温度と湿度を保つ・・・インフルエンザウィルスは低温低湿の環境を好む為、加湿器などで部屋の湿度を50~60%に保ちましょう。

④外出後の手洗いとうがいの徹底・・・外出から戻った後に即座に手洗いとうがいをする事で予防効果を発揮します。

⑤マスクを着用する・・・マスクを着用する事で、物理的にインフルエンザウィルスへの感染や体内への侵入を減らす事が出来ます。

インフルエンザはこれからの時期に流行のピークを迎えます。発症してしますと、周りへの二次感染を防ぐ為に警戒し、最低2日間は周りの人への接触などは、控えなければならないので、是非とも今回ご紹介した日頃から出来る予防対策を行なってみて下さい。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ