お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

インフルエンザ 対策と免疫力

皆様こんにちは。

 

11月も最終週になりもうすぐ12月です。今年もあっという間に年が明けてしまいそうです。

12月や1月はなにかとイベントや行事が多い月ではないでしょうか。

乾燥している秋冬の季節は、風邪引き人口が増え、職場や人が多いところに長時間いると、いつのまにかうつされてしまうことがありますよね。そこで、今年も残り少し元気いっぱいに過ごせるよう、今から風邪やインフルエンザ対策をしていきましょう。

 

インフルエンザの時期は、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生があり、12月下旬には小ピークをむかえます。学校が冬休みの間などは小康状態になるようですが、翌年の1月から3月頃に一番のピークがやってきます。

 

インフルエンザにかからない為に、手洗いうがいはもちろん、マスクをつけたり、予防接種で感染に備えている人も多いでしょう。しかし、予防することと合わせて大切なのが“免疫力”を高めることです。

 

免疫力の低下は感染しやすい体になる為、十分な栄養や睡眠休息をとることがとても大切になります。これは風邪やほかのウイルス感染に対しても高い効果が得られます。生活の変化、不規則な生活などにより免疫力が低下します。食生活では特に、食物繊維不足と保存料を使用した食品が免疫力を低下させるそうです。

インフルエンザの主な感染経路として考えられているのが、飛沫を含んだ空気を吸い込む事で鼻やノドの粘膜に感染する飛沫感染と飛沫で汚染されたものを触った手から目や鼻、口の粘膜に感染する接触感染です。新型インフルエンザの感染経路も、現在のところ、季節性インフルエンザと同じと考えられています。

対策として、毎日のうがい手洗いや大勢の人が利用するものを触った手で目や口を触らないこと、手袋や自分の顔にフィットするマスクの着用といった方法でウイルスへの接触や体内への進入を減らしましょう。また、予防の為に使用したマスクは使いまわしをせず処分して下さい。

インフルエンザには、うがい・手洗い・マスクで「ウイルスとの接触を防ぐ」ことと、体の免疫力アップで「感染しても発症させない」二つの予防が必要なのです。

 

人から人へとウイルスが感染するインフルエンザ。一人ひとりの健康を守るため、職場の仲間で協力し、感染予防に努めていきましょう!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ