お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

インフルエンザについて

皆様、こんにちは!日ごとに秋の気配が感じられる季節となりましたね。皆様、いかがお

過ごしでしょうか?さて今回は、これから起こるであろう「インフルエンザ」についてお

話させて頂きたいと思います。

 

インフルエンザは、インフルエンザウイルスがのどや気管支、肺で感染・増殖する事によ

って発症する病気です。2009年の冬までは、2つのA型インフルエンザ(香港A型とソ連A

型)とB型インフルエンザの合わせて3つのインフルエンザが流行していました。これら

をまとめて季節性インフルエンザといいます。

 

2009年春からはそれらに加え新型インフルエンザが流行し、世界中に広がりました。季節

性インフルエンザは、主に冬場に流行していましたが、新型インフルエンザは夏場にも流

行しています。インフルエンザにかかると、38℃以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、

倦怠感等の全身症状が強く現れ、合わせて鼻水、咳、のどの痛み等の症状もみられます。

 

高齢の方や基礎疾患(慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、糖尿病等の代謝性疾患、腎機能障害、

ステロイド内服等による免疫機能不全)を持つ方、妊娠中の方、乳幼児がインフルエンザ

にかかると、気管支炎、肺炎等を併発し重症化し、最悪の場合は、死に至るケースもあり

ます。

 

 

 

インフルエンザの最大の予防法は、流行前にインフルエンザワクチンの接種を受ける事で

す。ワクチンの接種で、インフルエンザに感染しにくくなりますし、かかったとしても軽

い症状ですむ事が証明されています。 

 

現在、日本では新型インフルエンザの流行はみられませんが、冬になる前にもう一度流行

する事も考えられますので、今までかかっていない人や、ワクチンの接種を受けていない

人は、受けておきましょう。

 

日常生活における予防法については、人混みを避け、外出時にはマスクを着用しましょう。

帰宅時には「手洗い」や「うがい」をしましょう。栄養と休養を十分に摂りましょう。室

内では加湿と換気を良くしましょう。

 

また、感染を広げない為にも、感染の可能性がある方は、咳やくしゃみを押さえた手、鼻

をかんだ手は、ただちに洗う様にし、周囲へ配慮(咳エチケット)しましょう。咳エチケ

ットは、咳やくしゃみをしている時はマスクを着用しましょう。(マスクは説明書を良く読

み正しく着用しましょう。)

 

咳やくしゃみをする時、マスクを着用していない場合は、ティッシュ等で口と鼻を押さえ、

他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。鼻水・痰等を含んだティッシュを、すぐに

蓋つきのごみ箱に捨てられる環境を整えましょう。

 

インフルエンザの治療方法は、インフルエンザウイルスの増殖を抑えるお薬(抗インフル

エンザウイルス薬)で治療します。インフルエンザは肺炎等を併発し重症化する事がある

ので、早めに治療する事が重要です。

 

特に、基礎疾患に当てはまる方は、ただちに医療機関を受診しましょう。なお、受診の際

にはあらかじめ電話を入れておくと良いでしょう。また、無理をして学校や職場等には行

かず、症状が治まるまで安静を保ちましょう。

 

新型インフルエンザでは、熱が下がった3日後でも40%以上の人にインフルエンザウイル

スが残っている事が分かりました。インフルエンザの流行を拡大させない為にも、治療開

始から最低5日間は、自宅療養が推奨されています。

 

手洗いは、手や指等に付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去する為に、有効な

方法であり、うがいは口の中を洗浄にします。外出後の手洗い・うがいは、感染症の予防

の基本ですので、必ず行う様にし、インフルエンザにかからない様にしたいですよね。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ