お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

エアコンを使わずに熱帯夜を快適に過ごす

▼詳細
処暑も過ぎ、暦上では暑さも和らいでくるはずが、和らぐどころかまだまだ厳しい暑
さの日が続いています。連日、熱帯夜になり、寝苦しさからエアコンが手放せないと
いう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、エアコンの過剰な使用は冷房病になってしまう可能性や、二酸化炭素の排
出量が増加するなどの環境への負荷、そして何より電気代が多くなってしまうなど
の要因になりますので、今回はエアコンを使わずに熱帯夜も寝苦しくならずに快適
に過ごす事が出来る方法についてご紹介したいと思います。

まず、最も早く確実に涼しさを得られる方法は『体温を下げる事』です。手首や首筋
、腿、かかとや脇など大きな血管が流れている箇所に氷や保冷剤にタオルを巻いた
ものを巻き付け、血液から温度を奪う事で体感温度は大分低くなります。

次に必要以外の照明は全て消し、使用していない電化製品も電源をコンセントから
抜き、待機電力の消費を無くす事で、消費電力量も減り、発生する熱も少なくなる為
気温を下げる事が出来ます。

そして、換気は様々ある方法の中でも大きな効果を発揮します。天井付近や本棚
などは熱気がこもり易く、部屋の温度を上げる原因になりますので、扇風機を上に
向けて空気の流れを作ったり扇風機を窓につけ、取り込んだ外気を直接本棚など
に吹き当てると室内の温度を下げる事が出来ます。また、窓は広く開けるのではな
く15cm程の狭い隙間から勢い良く空気を通すのがポイントです。

最後に小物などを使う方法になりますが、通気性の良い麻素材の服を身につけた
り、寝具に変える。窓際やベランダにすだれを吊るして日光の直射を防ぎ、日中の
室内の温度の上昇を抑えるなども効果的な対策です。

何も対策を行わずにエアコンも使用しないで熱帯夜を過ごそうとすると、熱中症に
なってしまう可能性が非常に高くなります。実際に今年の夏はエアコンの使用を敬
遠される傾向にある高齢者が何人も熱中症を発症し、病院に搬送されたり、亡くな
ってしまうという事が多くありました。

今回ご紹介した様なちょっとした工夫で、エアコンを使用しなくても熱帯夜を快適に
過ごす事が出来ますが、時と場合によっては無理をせずエアコンを使用して室内
の温度を調節する必要があります。

毎晩寝苦しくてエアコンが手放せない方や、エアコンの使用を控えたいけど涼しく
過ごしたいという方は是非とも無理をしない程度で、今回ご紹介した方法を試して
みて下さい。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ