お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

コバエとは

ハエの中で体長が2mmや3mmなど微小なハエ類をコバエと呼んでいます。
コバエという種類は存在せず、ショウジョウバエやノミバエなどの
小さなハエの仲間を総称して‘コバエ’と呼んでいます。

 

ショウジョウバエは体長約2mm、世界中に分布します。
雌成虫は羽化後3~4日目で産卵をはじめ、発酵した腐植物質や生ゴミなどに
産み付けます。

 

卵から成虫まで約10日間で、一般家庭でも生ゴミを放置しておくと、
すぐにどこからか集まってきて産卵し、あっという間に発生することがあります。

 

成虫は室内の明かりに誘引される特徴があります。

 

ノミバエは体長2~3mm程度で、腐敗物や食品に誘引されて隙間から室内に
侵入してくることが多いコバエです。
素早く飛んだり走ったりします。

 

幼虫は主に腐敗した動植物質から発生し、ショウジョウバエと同様、
室内で発生しやすいです。

 

いずれも体が非常に小さい為、僅かな隙間からも侵入する事が出来ます。

 

侵入防止の対策としては、窓やドアはできるだけ開放せず、窓には網戸
(なるべくメッシュの細かいもの)を取り付けましょう。

 

建物の出入口付近や前室、廊下などに飛来昆虫用の捕獲器を設置することで、
侵入の防止対策になります。

 

コバエは食品のニオイや、建物の灯り、熱などに引き寄せられて飛んできます。
ゴミの処分方法、食材の備蓄方法などのチェックが必要で、
ゴミは保管方法にも気を配りましょう。

 

コバエ類は澱んだ水や汚泥など不潔な場所で繁殖し、発生します。
清掃はコバエ対策の大きな要因と言って良いでしょう。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ