お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

ゴキブリの嫌いな香り

寒い日がまだ続きますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は3月10日、「砂糖の日」です!

「さ(3)とう(10)」の語呂合せで、砂糖の優れた栄養価等を見直す日とされています。

同様に語呂合わせで、3月10日は「ミントの日」でもあります!

 

そこで今週は、ゴキブリの嫌いな香りについてご紹介致します。

 

>>FCCのゴキブリ駆除専門サイトはこちら!<<

 

冒頭であげました“砂糖”ですが、ゴキブリは砂糖が大好きです。

甘い香りに誘われるためです。

 

それでは、ゴキブリにとって嫌いな香りは何でしょう。

それはズバリ、“ハーブの香り”です!

 

ゴキブリが嫌うハーブの種類は、下記の通りです。

●ミント、ハッカ類

清涼感のある香りをゴキブリは嫌います。

ペーパミントやアップルミントなど様々な種類があります。

 

●レモングラス

ゴキブリは柑橘系のすっぱい香りが苦手と言われています。

 

●セロリ

ゴキブリはクセの強い刺激臭が苦手と言われています。

同様に、スパイス系の刺激臭も苦手だそうです。

 

ハーブにはたくさん種類がありますので、お好みのハーブを栽培したり、

アロマスプレーを作成したり、芳香器(ほうこうき)を使ってアロマオイルを焚いたり

して、ゴキブリを寄せ付けない環境を作ってみてはいかがでしょうか。

 

清涼感のある香りは、眠気覚ましや集中力UPも期待できます。

是非一度、お試しくださいませ。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ