お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

ゴキブリは冬、何をしている?

2月に突入しました。

弊社では2月が期の始まりとなっております。

第20期も、社員一同張り切ってまいります!

 

期の一発目は、ゴキブリの冬の過ごし方についてご紹介致します。

世間ではよく「涼しい時期になるとゴキブリは出なくなる」と言います。

 

しかし、実際は夏場以外でもゴキブリは普通に発生します。

というのも、ゴキブリの活動気温は大体20~30度前後で、

この条件下ならゴキブリは繁殖可能なためです。

 

代表的なクロゴキブリ・チャバネゴキブリが生息しているのは、

青森より南の方になります。

 

低気温に強い“クロゴキブリ”、繁殖力の高い“チャバネゴキブリ”は近年の温暖化や

ビルなどの暖房設備の充実により年中活動するようになりました。

 

冬場のゴキブリは暖を求め、厨房のモーター部をはじめ暖かいところに集まります。

そして、糞に含まれるフェロモン成分で仲間を集めてコロニーを形成し、

体温を一定に保ちます。

 

逆に言えば暖かいところに集まる冬場こそ、一網打尽のチャンスなのです。

冬場の時点でゴキブリの幼虫を見かけるようだと、

今年の夏にはかなり悲惨な状況が待っていることでしょう。

 

幼虫に限らず、もしゴキブリを見かけた場合はまず弊社にご連絡下さい。

夏の大発生を抑えるために、誠心誠意施工致します。

 

今週のメールマガジンを通して、「外の気温がたとえ氷点下以下になっても、条件さえ

整えばゴキブリ達は密かに繁殖を始めていく。」という事を認知して頂ければ幸いです。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ