お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

マスクの正しい使い方

街にはマスクをしている人で溢れています。

そこで今週は、意外に知らない「マスクの正しい使い方」をご紹介致します!

 

マスクには、咳やくしゃみの飛沫の飛散を防いだり、飛沫やほこり等の粒子を

キャッチして体内に侵入することを抑制する働きがあります。

 

主な家庭用のマスクには、不織布製マスクとガーゼマスクの2種類がありますが、

フィルターの性能を考えると、ウイルス・菌を防ぐためには不織布製マスクの使用が

すすめられます。

 

マスクの効果は、ウイルス・菌を含んだ飛沫やほこりを外側のフィルターの部分で

キャッチすることで発揮されます。しかし、顔とマスクの隙間があいていると、

マスクのフィルターを通さずに吸い込まれる空気が多くなり、それだけマスクの効果は

低くなります。

 

また、使用中・使用後のフィルター部分にはたくさんのウイルス・菌が付着しているので、

なるべく触らないようにし、1日1枚程度を目安に交換することが大切です。

誤った使い方をすると、予防効果が得られなかったり、ウイルス・菌を広げることに

なるので注意しましょう。

 

【マスクの正しい使い方】

 

■装着する時

1. ゴムひもで固定し、鼻、口、顎を覆う。特に鼻と口の両方を確実に覆うことがポイント。

2. 鼻の部分を押さえてフィットするよう調節する。

3. 隙間がないように調整する。

 

■使用中

使用中はマスクになるべく触らないようにする。

特に、口周りを覆うフィルター部分には触らないよう注意し、触った時はすぐに手を洗う。

 

■外す時

1. 片方ずつ紐を引っ張ってマスクの表面に手が触れないように外す。

2. 耳に掛かっている紐を両方外すことが出来れば、そのままゴミ箱に捨てる。

3. すぐに手を洗う。

 

―いかがでしたでしょうか。

マスクの正しい使い方を意識する事は、なかなかありませんよね。

今回ご紹介しました事を是非実践して、マスクと一緒に冬を乗り越えましょう!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ