お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

低体温について

皆様、こんにちは!

雨の日が多いですが、皆様いかがお過ごしですか。今回は、「低体温」についてお話させて

頂きたいと思います。今、冷え体質の人が増えていると言われます。

 

健康体を維持するには、体温が36.5℃以上必要だと言われています。体温計は本来、風邪

をひいた時等に測るものですが、それ以上に平常時の体温が重要です。36.5℃以下の方、

特に35℃台の方は注意が必要です。

 

体温が低いと身体の免疫力が下がり、様々な病気の原因になります。体温が1℃下がると免

疫力は30%も低下すると言われています。またガン細胞が最も増殖する温度が35℃台だと

言われているそうです。

 

若い女性に多く見られるこれらの症状は、「冷え」が原因になっている事がほとんどですが、

最近は子供や男性にも増えています。日本人の平熱は、36度から37度ですが、ここ10年

ほどで、35度台の低体温の人が増えています。平熱とは、午前10時位にわきの下で測った

体温が1番正確な体温です。

 

体温は、日内変動があり、早朝の3~5時が最低、夕方の17~18時から最高になります。

女性では、排卵後はホルモンの影響で体温が上がる(高温期)為、生理開始後~排卵までの

2週間(低温期)に測った体温が目安になります。

 

内臓の中心部に必要な温度は37.2度です。わきの下の体温が36.5度前後なら、体内温度

は37.2度程度あるという事になり、生命力がもっとも活発になる体温で、細胞の新陳代謝

も活発になります。

 

体内の温度が37.2度に満たないと免疫力の低下、自律神経の失調、ホルモンのアンバラン

ス等を引き起こします。その他、栄養の吸収が悪くなって疲れやすくなります。「低体温」

は、自覚していない人が多いので、体温が低下すると、臓器の働きも鈍くなります。

 

心臓や肝臓、腎臓等の働きが不活発になり、様々な不調が起きてきます。また、身体の免

疫力も低下して、病気にかかりやすくなります。人間は、理想体温から5℃上昇し41℃~

42℃になっても生きられますが、5℃低下すると死に至ってしまいます。つまり、体温が低

いという事は、生命にとってそれだけ危険な状態なのです。

   

また新陳代謝が低いと、肌の細胞の入れ替わりが遅く、汚れたコラーゲンを長く留める事

になり、肌はくすみやすくなります。通常は風邪等のウイルスに感染すると、体温を上げ

てウイルスを死滅させようとしますが、低体温では内臓の温度が上がりにくく、抵抗力が

弱まり、風邪が治りにくくなったり、病気を引き起こしたりすることもあります。

 

美容の体温では36.7℃が理想です。毛穴開きの原因は、新陳代謝の低下にあり、その新陳

代謝を低下させる原因が、低体温にあると言われています。水分をとり過ぎていても、上

手に体外へ排出出来ていれば問題はないのですが、運動不足や空調等により汗をかかなく

なったりすると知らずに体内に水分を溜め込む事になります。

 

対策として、運動や入浴等でしっかり汗をかき、低体温の予防を心がけましょう。そして、

低体温の原因は生活習慣にあります。特に食生活の乱れが低体温の主な原因です。バラン

スの摂れた食事でビタミン・ミネラル補給しましょう。

 

朝食は取り入れた食物がすぐに熱エネルギーとして発散されるので、体を温めて、冷えに

くい状態にしてくれます。また、気温を身体で感じる事、冷暖房を控える事、洋服を多め

に着る事、運動する事、お風呂にゆっくり浸かる等で、自分にあった低体温改善の予防を

してみるといいですね!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ