お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

侵入してくるコバエ類対策

▼詳細
どこからともなく発生し、食材の周りを飛ぶなど不快害虫として皆さんも良くご存知の
コバエ。今回はこのコバエについて対策などをご紹介させて頂きます。

一般的にコバエと呼ばれているのは、ショウジョウバエやノミバエ、クロバネキノコバ
エという種類のハエがそれにあたります。いずれも体が非常に小さい為、僅かな隙
間からも侵入する事が可能です。

これらコバエ類は食品のニオイに誘引されやすい種類が多い為、食品の周りを飛
んだり、食品内へ潜りこんで産卵し、異物混入になり問題となる事もあります。また
少量の餌があれば繁殖する事が可能なので、食材カスや腐敗物等を放置しておく
と、屋内で大発生し、様々な問題に繋がる事もあるのです。

コバエ対策には、屋外から侵入してきている場合と屋内で発生している場合とで対
策が異なります。今回は屋外から侵入してきている場合の対策をご紹介致します。

①侵入防止
窓やドアは出来るだけ開けずに、窓にはなるべくメッシュの細かい網戸を取り付けま
しょう。また、建物の出入口付近などに飛来昆虫用の捕獲器を設置すると侵入防止
対策となります。

②誘引防止
コバエ類は食品のニオイや灯り、熱などに誘引される特徴があります。まずニオイ
に対しては、食品などのニオイ自体に飛来してきている場合は、ニオイ自体を無く
すと言う事は難しいと思いますので、上記で挙げた侵入防止対策や、生ゴミを始め
とした強い臭いを発する物を入れる容器などを蓋付きのものにする等の物理的な
対策が効果的です。

これから暖かくなってくるとコバエ類の侵入機会も多くなってきます。是非とも今回
ご紹介したコバエ類の侵入防止対策を参考になさってみて下さい。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ