お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

冬の入浴時のヒートショックにご用心!

皆様、こんにちは!

 

最近、雪が降る事が多いですね!まだこの冬は、関東でも、雪がすごく積もった事はない

ですが、これから大雪が降ることはあるのでしょうか!!気が抜けません。

 

さてそんな、まだまだ寒い今日この頃ですが、寒い冬にはこんな事に気を付けなければな

らないのはご存じですか?それは、「ヒートショック」です。

 

ヒートショックとは温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動する事により起こる健康

被害のことで、失神や心筋梗塞、不整脈、脳梗塞を起こす危険性があります。 特に入浴時

の温度差が引き金となってヒートショックを起こし溺れて死亡するケースが多いそうです。

 

具体的にどのような状況かというと、凍えるような寒さでブルブル震えながら浴室に急ぐ

など、脱衣所や浴室との温度差が10℃以上になるぐらいの気温差の中で起こりやすいと言

えます。

 

暖かい居間から寒い脱衣所への移動、そして熱い湯船への移動という小さな動きのなかで

の急激な温度変化が短時間のうちに起こり、これに伴って、血圧の急激な上昇や下降が引

き起こされる事、それを「ヒートショック」といいます。

 

特に被害に遭われる可能性が高い方は、高齢者の方、高血圧、糖尿病、動脈硬化の病気を

お持ちの方、肥満気味の方、睡眠時無呼吸症候群など呼吸器官に問題がある方、不整脈が

ある方、浴室と脱衣所の寒暖の差が大きくある家の方、熱いお風呂が好きな方、等です。

 

このヒートショック、実に危険な現象で年間1万7,000人が入浴中に急死しているという

データがあり、その数は交通事故による死亡者数を大きく上回る数字だそうです。特に気

温の差が激しくなるこの“冬”の季節が一番危険なのですね。

 

では、大事なヒートショックにならない為の予防なのですが、まず気温差を極力無くす事

です。浴室ならば、寒くならないようにヒーターを置く、また他にもお手洗いや台所など、

気温差が出てしまいそうな所にはヒーターやストーブを置くなどしましょう!!

 

また、入浴に関しましては、シャワーを使ったお湯はりの実践はいかがでしょうか。シャ

ワーでお湯はりを行う事により、高い位置からお湯をはれるので、浴室全体が温まります。

また、お風呂のお湯自体を高い温度に設定しないようにしましょう。

 

少し物足りないかもしれませんが、お風呂の設定温度は41℃以下にし、暖めすぎないよう

にすると、急激な血圧低下を防げるでしょう。また、食後1時間以内や飲酒時は、血圧が

下がりやすくなるため、入浴を控えましょう!!

 

逆に夕食を食べる前の入浴は良いでしょう。また、日没前に入浴することも良い対策法で

す。日中は日没後に比べ、外気温が比較的高く、脱衣所や浴室がそれほど冷え込まない事

に加え、人の生理機能が高いうちに入浴することで温度差への適応がしやすくなります。

 

また、可能であれば、ご家族の方々がいらっしゃる時に入浴するようにしましょう!!やは

り、助け合いが一番です。周囲の方も、ヒートショックにかかりそうな方がいらっしゃい

ましたら、是非声掛けなどをし、気にかけて頂けると事故を未然に防げると思います!!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ