お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

口の中は菌がいっぱい!?

▼詳細
夜寝る前に皆さん歯を磨かれると思いますが、たまに磨き忘れて寝てし
まうと朝目覚めた時に口の中がなんだかニチャニチャしたりネバネバす
る・・・、こういったご経験あると思います。

口の中には様々な菌が生息しており、時に働きを助けたり場合によって
害を出してしまいます。

まず口腔内に300種類以上の菌が存在しており、さらに歯垢(プラー
ク)1mg中に1億個以上の細菌が存在するといわれています。口腔内は
空気にふれない為、嫌気的な環境で歯垢を温床に酸の拡散を妨げ、虫歯
を作り出していきます。

また虫歯は唾液などを介して人の口に入ってしまうと感染します。
もしご自身が虫歯の場合は配慮が必要ですので、お気をつけ下さいませ。

虫歯を防ぐ対策はやはり歯磨きをこまめにする事です。

ただゴシゴシと磨くのではなく、歯茎を意識して適度な力加減で細かく
磨くと歯垢が効果的に落ちます。単に長く磨いただけでは歯や歯の周り
に強力に付着している歯垢(プラーク)を完全に取り除く事は難しく、
歯垢(プラーク)を取り除こうと強く磨く結果、逆に歯や歯肉(歯茎)
を傷つけてしまうこともありますので注意が必要です。

もし歯の磨き方に不安がある場合は、一度歯科医院に行って自分の歯に
合った磨き方を指導してもらうのがオススメです。

この時期年末年始は飲食の機会も多く、口腔内への負担も大きくなりが
ちです。
ぜひ今回ご紹介した対策やポイントをご参考にしてみて下さい。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ