お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

夏バテ予防を!

皆様、こんにちは!まだまだ残暑が続いておりますが、皆様、いかがお過ごしですか。

さて、今回は「夏バテ予防」についてお話させて頂きたいと思います。

 

暑い日が続くと、なんとなく体がだるかったり、食欲が落ちたりして、夏バテかな?と感

じる事はありませんか。この夏真っ只中、規則正しい生活を心掛け、夏バテしない体作り

を意識してみませんか?

 

夏バテになる理由とは、人間の体は、高温・多湿な状態に置かれると、体温を一定に保と

うとし、必要以上にエネルギーを消費します。汗をたくさんかく事で水分と一緒に体のミ

ネラルが失われて脱水症状になり、暑さで消化機能が低下し、食欲不振を引き起こしたり

します。

 

その状態が長く続くと、体が暑さに対応する事ができなくなり、様々な症状として体に影

響が出てきます。この状態が夏バテです。夏バテの主な症状は、「全身の疲労感」・「体がだ

るい」・「やる気が出ない」・「熱っぽい」・「下痢や便秘」等が挙げられます。

 

夏バテを予防する3つのポイントをご紹介します。大切な事は、やはり、規則正しい生活

を送る事が一番です。「バランスを摂れた食事、適切な運動、十分な休養・睡眠」という“健

康3原則”がとても重要になります。

 

食事では、ビタミンB1で疲労回復する効果がありますので、バランスの良い食事で暑い夏

を乗り切りましょう。更に、夏バテにならない為の体力作りとして、日常生活に運動を取

り入れてみましょう。

 

夏の暑い夜はなかなか寝付けなかったり、寝付けても眠りが浅くなったりする事がありま

す。十分な睡眠を取れないと、体の疲れが取れず夏バテになってしまう場合があります。

質の良い睡眠を十分に取って、夏バテを予防しましょう。

 

早寝早起きを心掛け、毎日決まった時間に就寝・起床しましょう。生活のリズムを整え、

十分な睡眠時間を確保する事で体の疲れが取れます。暑くて全然寝付けず、睡眠時間が短

くなってしまった時等は、日中に短時間の昼寝をすると疲労回復に効果があります。

 

夜になっても気温が下がらず、寝苦しい場合は、エアコンを使い寝室を涼しくするといい

ですね。また、夏場の入浴は、ついシャワーだけで済ませてしまいがちです。湯船に浸か

り、汗を流し、疲れを取る事で、 体はリラックスし、ぐっすりと眠る事が出来ます。

 

暑くて眠れない時は、体温が下がる時に眠りに入りやすくなるので、就寝1~2時間前に

40度以下のぬるめのお湯に10~15分浸かると良いそうです。ぬるめのお風呂には、副交感

神経を優位にし、気分を落ち着かせて心地よい眠りに誘ってくれる作用があります。

 

入浴前後には水分補給を忘れずにしましょう。また、就寝前にストレッチをすると体がほ

ぐれ血流がよくなり、リラックスでき眠りやすくなります。自分に合ったリラックス方法

を見つけ、快適な睡眠環境をつくってみませんか。

 

人間の体は、気温が高い・湿度が高いといった状況の時、汗をかいて体温を一定に保とう

と調節しています。この状態が長く続くと、体にたまった熱をうまく外に出す事が出来な

くなる事があります。

 

原因としては、汗をかいたり血管を広げたりして、熱を外に出す働きをする「自律神経の

バランスの乱れ」が考えられ、その結果、体力低下や食欲不振などの様々な症状が現れる

のが夏バテなので、不規則な生活は、さらに自律神経のバランスを崩しやすくしてしまい

ます!

 

食欲が無くても、バランスの良い食事を心がけ、睡眠を十分にとりましょう。良い睡眠は、

健康のカギですので、睡眠と入浴を軸に、生活リズムを改善し、夏バテ予防としてより快

適な生活を送ってみましょう。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ