お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

夏場の食中毒

毎日こう暑いと、食材がダメにならないか心配になりますね。

そこで今週は、「食中毒」についてご紹介します。

 

食中毒は季節を問わず発生しています。

特に梅雨から夏にかけては、細菌が繁殖しやすい高温多湿の日が続くため、

食品に付着した細菌は大幅に増殖します。

 

大量の菌が付着した食物を口にすると、菌そのものや菌が産生した毒素が体内に入り、

食中毒が引き起こされます。

 

■夏場に注意を要する食中毒の〝起因菌〟

〝起因菌〟は以下の通りになります。

・カンピロバクター

・サルモネラ

・黄色ブドウ球菌

・腸炎ビブリオ

・腸管出血性大腸菌(O-157

 

冬に流行するノロウイルスは、細菌数については減少しますが、夏場にも発生事例があり

ますのでくれぐれもご注意下さい。

 

食中毒原因菌の種類を見ますと、以前は腸炎ビブリオ、ブドウ球菌、サルモネラ属菌が

三大食中毒としてあげられていましたが、最近では、カンピロバクターやノロウイルスが

増加しその種類も変化していますので、それぞれの食中毒菌の特徴を知り、

予防をする事が重要になります。

 

■〝食中毒〟の予防

食中毒を防ぐためには、皆様よくご存知の「食品衛生の三原則」を守ることが基本です。

 

「食品衛生の三原則」

(1)菌をつけない(清潔)

(2)増やさない(迅速)

(3)やっつける(加熱・冷却)

 

それぞれの段階で注意していくことが大切です。

 

(1)菌をつけない ~洗う!分ける!~

手にはさまざまな雑菌が付着しています。

食中毒の原因菌やウイルスを食べ物に付けないように、

次のような時は、必ず手を洗いましょう。

 

・調理を始める前

・生の肉や魚、卵などを取り扱う前後

・調理の途中で、トイレに行ったり、鼻をかんだりした後

・おむつを交換したり、動物に触れたりした後

・食卓につく前

・残った食品を扱う前

 

また、生の肉や魚などを切ったまな板などの器具から、加熱しないで食べる野菜などへ

菌が付着しないように、使用の都度、きれいに洗い、できれば殺菌しましょう。

加熱しないで食べるものを先に取り扱うのも1つの方法です。

 

焼肉などの場合には、生の肉をつかむ箸と焼けた肉をつかむ箸は別のものにしましょう。

食品の保管の際にも、他の食品に付いた細菌が付着しないよう、密封容器に入れたり、

ラップをかけたりすることが大切です。

 

(2)増やさない ~低温で保存する!~

細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になりますが、10℃以下では増殖がゆっくりと

なり、マイナス15℃以下では増殖が停止します。

食べ物に付着した菌を増やさないためには、低温で保存することが重要です。

 

肉や魚などの生鮮食品やお総菜などは、購入後、できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。

なお、冷蔵庫に入れても、細菌はゆっくりと増殖しますので、冷蔵庫を過信せず、

早めに食べることが大事です。

 

(3)やっつける ~加熱処理!~

ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅しますので、肉や魚はもちろん、野菜など

も加熱して食べれば安全です。特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です。

中心部を75℃で1分以上加熱することが目安と言われています。

 

また、ふきんやまな板、包丁などの調理器具にも、細菌が付着します。

特に肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて

殺菌しましょう。台所用殺菌剤の使用も効果的です。

 

「食中毒」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

もし、おう吐や下痢などの症状から「食中毒」が疑われる時は、早めに医師の診断を

受けるよう心掛けましょう。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ