お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

室内のカビ対策 ① ~発生原因と発生場所~

皆様、こんにちは!

ついに、関東甲信地方は6月5日に梅雨入りしました。

 

雨が続いてしまうので、ついつい部屋干しをしてしまいますね。

 

部屋干しは洗濯物が乾きづらく、日光消毒による殺菌効果も期待できないため、

“雑菌”が繁殖しやすくなってしまいます。

 

そして、その“雑菌”の繁殖は、部屋干しの“嫌な臭い”を発生させます。

 

また、梅雨の時期に部屋干しをすると、元々高かった部屋の湿度がさらに上がるため、

窓ガラスは結露だらけになってしまいます。

 

なかなか厄介な時期ですね。

 

突然ですが、梅雨といったら何を思い浮かべますか?

 

「雨」「紫陽花」「カタツムリ」そして…

「カビ」を思い浮かべた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ジメジメとした梅雨時は、やはり、カビが気になります。

 

そんな気になるカビの対策を、二週にわたりご紹介致します。

今週は室内のカビの「発生原因と発生場所」です!

 

敵を倒すためには、まずは敵を知ることから!

カビの発生原因・発生場所を知って、カビ対策をしましょう。

 

●カビが発生する原因●

カビの発生に必要な条件は、「酸素・温度・湿度・栄養分」がある事です。

 

<カビが発生する4つの条件>

酸素 … カビは酸素なしでは生きられません。

温度 … 15~30℃。カビによっては、低温で成長する種類もあります。

湿度 … 70~95%。高湿度になるほど成長が早くなります。

栄養分 … 内装材、食物の食べこぼしなどのゴミ、皮脂、ホコリなどがエサになります。

 

これらの条件を断つことが予防につながります。

 

●カビの発生しやすい場所●

室内におけるカビの発生しやすい場所は以下の通りです。

 

・バスルーム

・洗面室

・キッチン

・押入れ

・下駄箱

・窓ガラス

・和室(畳)

 

いずれも、水気のある場所や、空気がこもりがちな場所になります。

 

湿度が高い梅雨時は、換気や除湿を心がけることが大切です。

湿度計をおいて普段から湿度を意識する事をお勧めします。

 

次週は室内のカビの「発生場所別、カビ対策」をお話し致します。

カビの生態を知って、快適な環境をつくりましょう!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ