お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

日常生活菌について

皆様、こんにちは。

 

これから本格的に暑くなっていきますので、風邪や感染症にかからない為にも、対策は早

めにしておきたいものですね。そこで今回は、日常生活菌についてお話しさせて頂きたい

と思います。あまり意識していないけれど、実は雑菌が多い場所をピックアップしました。

 

感染症にかかるのを避けるのはもちろん、その場所を触った手で顔等を触ると、ニキビや

肌荒れに繋がる心配がありますよね。風邪や感染症にかからないように、しっかりチェッ

クしましょう。

 

会社のパソコンやご家族で共有しているパソコンの様に、不特定多数の人が触る場所には、

菌が沢山存在します。特にキーボードは、形状的にも掃除がしづらく、菌の温床になりや

すいのです。

 

ドアノブや蛇口も、沢山の人が触る場所なので、雑菌が繁殖しやすい場所です。例えば、

トイレでしっかり手を洗っても、トイレから出る時にドアノブに触って菌が手に移るとい

う事もあります。また、蛇口は常にぬれた状態なので、菌の温床になりやすいです。

 

お金は雑菌だらけ、という事は知られていますよね。私たちの周りで1番汚い物は、もし

かしたら、日常的に使うお金なのかも知れません。ある研究で、なんとお札には3,000種

類ものバクテリア(細菌)が付着しているという衝撃の事実がわかったのです。

 

お札に付いているバクテリアの種類は、アクネ菌(にきびや吹き出物の原因菌)や、胃潰

瘍・肺炎・食中毒・ぶどう球菌感染症になる可能性もある菌等があります。菌は人の手か

ら介在される事が多い為、自分の手だって雑菌だらけです。

 

特に爪の長い方は菌が入り込みやすく、かなり汚いです。爪を短くするか、手を洗う際に

爪の裏までしっかりと洗う事が大切です。また手を洗った後や歯を磨いた後は、ハンカチ

の出番ですよね。

 

手を拭いたり、口の周りを拭いたりしますよね。このように日常生活の中で頻繁に使うハ

ンカチなのですが、実は、雑菌が沢山付いています。せっかく、手がキレイになったつも

りでも、実はそうでもないのです。

 

ハンカチが汚くなる原因は、ほとんどの人が毎日ハンカチを持ち歩いていますよね。ハン

カチを使った後にしまう場所は、大抵バッグの中ですかね。手洗い後の水や、汗を吸収し

て、湿ったままのハンカチを空気がこもったバッグの中にしまうと、雑菌が繁殖します。

 

洋服のポケットにしまうのも、体温で温まり、雑菌が繁殖しますので、おすすめではあり

ません。雑菌が付いたハンカチで手を拭けば、掌中(しょうちゅう・手の平の中)に菌を

広める事になります。湿ったハンカチは、バッグの一番上にしまう等、空気に触れさせて

乾かすように心がけましょう。

 

ずっと同じ物は使わないで、毎日洗濯をした物と取り替えます。使用後は空気がこもる場

所にしまわない様にします。ハンカチで色々な所を触らない事、貸し借りは不衛生なので、

なるべく控えましょう。雑菌が付いたハンカチは、肌荒れやウイルス感染の原因にも繋が

ります。

 

汚れが気になる人は、1日2~3枚くらいのハンカチを持ち歩く様にするのもいいですよね。

湿度がどんどん高くなってくると、雑菌の繁殖も増えます。正しいハンカチの使い方を今1

度おさらいしてみてはいかがでしょうか。

 

基本的に健康な状態であれば、今回挙げたような場所で、菌から病気にかかる程の事はな

いとされています。ただ、疲れている時や免疫力が下がっている時等は、このような日常

の場所からウイルスに感染する可能性もありますので、注意しましょう。

 

さらに、体調が不安定という場合は、普段何気なく触っている物でも油断せず、手洗いや

除菌等を行うと、風邪や病気の予防にも繋がるのではないかと思います。除菌する事を意

識して、心地よい・過ごしやすい環境を作ってみるのもいいですね!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ