お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

春とカビ

皆様、こんにちは!

カビ、というと、まだ少し先の話、梅雨の時期だと思っていませんか?

実は、カビの季節は春から始まっているのです!

 

まず、カビが生える4つの条件を見てみましょう。

1. 酸素

2. 温度(20度~30度くらいが一番カビが生えます)

3. 湿度(湿度80%以上がカビにとっては最適)

4. 栄養(汚れやホコリを栄養にカビは繁殖します)

 

酸素はもちろん、温度は春、条件を満たしています。では、湿度は?と思いますが、冬の間にも、窓の結露や汗を吸い取った布団をしまう押し入れなど、湿度を上げる要素は季節を問わずにあふれています。

 

そこへ、春の暖かさが加わると、カビが繁殖してしまいます。そして、梅雨になったときに一気にカビが増殖するのです。

 

カビを防ぐには、まず、やはり換気です。

窓を開けても寒くないこの季節、お掃除の時はもちろん、一日に数回、窓を開けて換気をしましょう。

 

さあ、窓を開けて、お掃除!そこで注意したいことがあります。

 

カビを掃除機で吸わないことです。

掃除機で吸い取ったカビが、排気口から勢いよく出てきて、お部屋にカビをばらまいてしまいます。

 

また、乾いた雑巾でカビを拭いてはいけません。

細かくなったカビは目に見えず分散し、部屋中に飛び散ります。そして、そこから新たなカビが発芽するだけです。つまり、カビが繁殖しやすくなったということになります。

 

だからと言って、水ぶきも逆効果なのです。。

カラ拭きがダメならと、水拭きをすると、カビに湿気を与えることになりカビの繁殖がより進みます。

 

一番いいのは、アルコールでの消毒です。

水ではなく消毒用アルコールを使って、ゴシゴシとこすり、消毒をしましょう。

 

風を通し、お掃除をしっかりして、キレイスッキリ、明るく楽しい春を迎えましょう!!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ