お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

最近増えている!?『ゴキブリ喘息』

こんにちは!

 

5月だというのに夏のような日差しが照りつけ、まだ暑さに慣れていない身体には少々辛い天気が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

昼夜の寒暖の差が大きく風邪を引きやすい時期でもあります。

しかし、季節の変わり目に咳がいつまでも続くようであれば、それはただの風邪では無く「喘息」かもしれません。

 

喘息の原因は、アレルギー物質によるものと、それ以外のものとに大きく二分されます。

では、そのアレルギー物質の一つにゴキブリも含まれていることをご存じでしょうか?

今回はゴキブリをアレルゲンとする「ゴキブリ喘息」についてお話しします。

 

喘息の原因となるアレルギー物質と言えば、真っ先に思い浮かぶのは「ダニ」や「ハウスダスト」だと思います。

しかしアメリカでは、ダニよりもゴキブリが喘息の原因になると言われており、大都市ではゴキブリによる喘息が深刻な問題になっています。

 

特に子供の喘息では、ゴキブリに対する皮内反応で陽性になる人が36.8%で、ダニの陽性になる人の34.9%を上回っています。

日本では、コナヒョウヒダニ85.0%、チャバネゴキブリ9.9%、クロゴキブリ16.0%でしたが、これから増えてくる可能性があります。

 

アレルギーの原因となる部分は、ダニと同様、虫体と糞です。

なのでゴキブリの駆除だけでなく、掃除も大切になるわけです。

 

まずは、ゴキブリにとっての住みやすそうな条件を潰し、ゴキブリ天国を無くすことです。

特に狭いスペースにホコリや食べ物のカス等があると、ゴキブリの格好の餌になるので

隅々まで掃除しましょう。ゴキブリの糞も喘息の原因ですから、十分除く必要があります。

 

ヒトに住みやすい環境は、ゴキブリにも住みやすい環境です。

ダニやカビと同様に十分な対策をとり、アレルギーの原因にもなるゴキブリを寄せ付けない生活を送りましょう!

 

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ