お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

梅雨時に気をつけたい害虫

皆様、こんにちは!

お天気があまりよくない日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

じめじめする梅雨時、カビ対策をしなければ、とお考えになる方も多いかと思います。

 しかし、梅雨時に対策をとるべき対象は“カビ”だけではないのです。

 

実は、“害虫”の活動が活発になる時期でもあるので、害虫対策もする必要があります。

なぜ、梅雨時に害虫の活動が活発になるのか。

 

それは、高温多湿が続く梅雨時は、害虫にとって過ごしやすく、増殖するのに適した

環境のためです。

 

今回は、「梅雨時に気をつけたい害虫」と、「梅雨時の害虫対策」についてご紹介致します。

 

●梅雨時に気をつけたい害虫●

 ①ヒョウヒダニ

アレルギー疾患の原因として有名なダニです。

角質やフケ、人の食べかすなどをエサにし、ほとんどの家の布団やソファー、カーペット

などに生息しています。温湿度が高くなる時期に増殖します。

 

②コナダニ

食品に発生し、部屋に生えるカビもエサにすることが知られています。

発育期間が10日余りと短く、1日に20個以上の卵を産むことがあります。

ダニの中でも高温多湿を特に好むため、梅雨時は大発生につながります。

しかし、吸血するなど直接人に害を与えることはありません。

 

③ツメダニ

ダニ類や小型の昆虫をエサにするダニです。エサとなるコナダニなどが増えると、

それにともない、増えることがあります。

吸血はしませんが、刺すため、激しい痒みを感じます。

 

④チャタテムシ

昆虫の中には、カビを食べる虫が数多く知られています。その代表がチャタテムシです。

屋内の湿度が高い場所(畳、壁紙、貯蔵食品など)に生息し、カビ類や酵母などを好んで

エサにしています。

 

湿度が高い場所は、カビが繁殖しやすいです。

そのため、カビと同じ場所に、カビをエサとする害虫が発生することがあります。

実際に、カビが原因で害虫が大発生した事例が報告されています。

 

●梅雨時の害虫対策●

 害虫の発育速度が早くなる梅雨時は、増殖率が高まり、大発生につながります。

大発生する前に、以下の対策をしっかり行い、駆除することが大切です。

 

①できるだけ乾燥を心がける

晴れた日には、できるだけ布団類を干して乾燥させることが重要です。

布団を干すだけではダニを駆除することはできませんが、増殖を抑える効果はあります。

また、換気をして部屋の湿気を下げることも大切です。

 

②開封したままの食品は、密閉性の高い容器で保存する

小麦粉や調味料などは害虫の発生源になるので、密閉性の高い容器に入れ、

可能なら冷蔵庫に保管するのがよいでしょう。

 

③カビの掃除をする

前述したように、カビを食べる害虫は、コナダニやチャタテムシなど、数多く存在します。

大発生させないために、こまめにカビの掃除をしましょう。

 

なお、駆除する目的で、掃除機でダニを吸い込む場合、死んだダニを取り除くことは

出来ますが、生きたダニを取り除くことは困難です。

 

そのような時には、まず「くん煙剤」などの空間処理剤を使用し、ダニの殺虫をしてから

掃除機をかけると効果的です。

 

しかし、自力でダニを駆除するには限界があります。

弊社ではゴキブリ駆除だけでなく、ダニの駆除も行っております。

ダニの徹底した駆除をご希望の方は、お気軽にお問合せ下さい!

 

是非、梅雨時の害虫対策をお試し下さいませ!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ