お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

環境的防除の要、ゴミの存在

▼詳細
ゴキブリやコバエなどお客様の悩みの種となる衛生害虫が居ない衛生的な環境を
作り出す為には、化学的防除と環境的防除の2つの対策が効果的と言えます。化
学的防除は弊社が行っているFCCコーキング剤などの駆除剤を用いた防除法です。

もう一つの環境的防除とは、害虫が発生しにくい・繁殖しにくい環境をお客様と弊社
とで共に作り、維持してゆくことです。この害虫が発生しにくい・繁殖しにくい環境を
作り上げる上で最も重要なポイントとなるのがゴミの存在です。

その中でも飲食店での害虫発生の一番の原因は什器下に溜まってしまうゴミです。
このゴミが溜まっていると、ゴキブリなどの害虫の格好の餌となってしまい、塗布した
FCCコーキング剤を食べなくなる為、本来の駆除効果を発揮する事が出来ません。

勿論、施工に伺わせて頂いた際にゴミが溜まっていれば全て掻き出し、処置させて
頂きますが、施工後の清掃方法によって、再びゴミが溜まってしまう可能性があります。

閉店後もしくは開店前に床に水を撒き、清掃をされるお店も多いと思いますが、そ
の際に掃き掃除などをせずにそのまま水を撒いてしまうと、床に落ちていたゴミが
奥へと流され溜まっていってしまいます。

この状態になる事を防ぐ為には、掃き掃除の徹底が必要です。普段から物が落ちて
しまったら直ぐに拾う、掃く。この行動を入れて頂く事が効果的な対策となります。ま
た、一週間に一度、什器下などにゴミが溜まっていないかのチェックをして頂くとより
効果的に害虫が発生しにくい・繁殖しにくい環境作りが出来ます。

暑くなり、害虫が活発的になる季節になっていますが、是非とも今回ご紹介した対策
を参考に害虫が発生しにくい・繁殖しにくい環境作りを行ってみて下さい。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ