お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

生ゴミの処理

家庭で出る生ゴミ、ゴミの日までどこに保管しておくか、頭を悩ませている方も多い
のではないでしょうか。

 

家庭の中で生ゴミを溜めておくのは、なかなか大変なことですよね。
臭いが気になるし、水気の多い生ゴミはあまり長く溜めておきたくはないものです。

 

キッチンの中に置き場所がある場合は、フタ付きのゴミ箱の中で保存しておき、入れ
る前に水気をできるだけ取っておくのがよいと思います。

 

臭いの元となるのは雑菌です。
雑菌が繁殖しやすくなる条件は、湿気(水気)と、ある程度の温度。
そのため梅雨から夏にかけてニオイが発生しやすくなります。

 

水気を切って湿度が低いところで保管しておくと、臭いが出にくいです。
生ごみを新聞紙で包んで捨てると、臭いを吸収してくれるのだそうです。

 

そして、ゴミ箱は日のあたるところには置かないようにしましょう。

 

また、生ゴミ、汁気の多い生ゴミポリバケツはコバエの発生原因になります。

 

抵抗のある方もいるかもしれませんが、捨てるまで一時冷蔵庫に保管という方法も
あります。

 

特に臭いそうな魚などのゴミはすぐに新聞紙に包み、さらにビニール袋に密閉して一時的に冷蔵庫や冷凍庫に保管しておきましょう。
処理後すぐ保管すれば他の食材に臭いがつくようなこともありません。

 

これからより暖かくなりますので、快適に過ごすためにも、生ゴミの臭いはきちんとシャットアウトしたいですよね。

 

まずは生ゴミの水気をよく切り、消臭剤や保管場所などを工夫して上手にゴミ出しをしてください。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ