お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

異常気象と温暖化

▼詳細
季節外れの暖かさの日が来たと思えば、急に真冬並みの寒さが戻ってきたりなど
ここ最近気温の変化がおかしく、異常気象とも言われています。日本では、異常気
象は30年に1度の割合で起こった著しく天候に隔たりが現われた希少が定義とさ
れています。そして、現在起こっているおかしな気温の変化はこの異常気象の一端
なのです。

異常気象の怖い所は、その異常さに慣れてしまい、異常気象が異常だと思わなく
なってしまう事が怖さの1つです。昨年から続いているゲリラ豪雨も日本で起きて
いる異常気象ですが、「またゲリラ豪雨か」と思うだけ、感じるだけで異常さを感じ
ている人は減ってきてしまったのではないでしょうか。

この異常気象の原因は現在、日本でも取り沙汰されている地球温暖化です。地球
の平均気温が上昇すれば、自ずと日本での平均気温は上昇します。そして、これ
までに無かった様な異常気象が発生してしまうのです。

しかし、今はまだ季節はずれの暖かさや、真冬に逆戻りしてしまったような寒さや
30℃を越える猛暑などで済んでいるかもしれませんが、このまま地球温暖化が進
行してしまえば、最終的には干ばつや洪水などもこの日本で頻繁に起きてしまうで
しょう。

地球温暖化の原因である二酸化炭素排出量の削減は、一人一人の意識と行動で
変わってくるものです。無駄な電気は使わない、レジ袋や割り箸は貰わない、エコ
ドライブを徹底するなど、個人で出来る行動は多くあります。
異常気象に危機感を持ち、日頃から二酸化炭素排出量の削減について心掛けて
みてはいかがでしょうか?

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ