お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

真夏の水分補給

皆様こんにちは。8月に入り夏本番!と言った暑い日が続いていますね。

暑い日が続くと倦怠感や食欲不振などを始めとした夏バテの症状が発症している人を多く見かけます。

 

これは高い気温により多量の汗をかいた後、水分補給をし、体内の塩分が不足する事により起きる症状です。 汗をかくと想像以上に体内の水分は奪われ、血液濃度が高まりドロドロの状態になります。

 

ドロドロの状態になると、血中のコレステロールや中性脂肪が多くなり、脳梗塞を引き起こす可能性が高まりますので、汗を多量にかいた場合は水分補給をする事が大切です。

 

また、人間の体は静かにしていても1日におよそ2600mlの水分が失われているので、多量の汗をかいた時にはそれ以上の水分が必要になります。ただ、水分であればなんでも良いと言う訳ではありません。

 

冷たい飲み物や甘いジュースなどの飲み物を多く飲んでしまうと、かえって夏バテの原因となってしまいます。冷たい飲み物を飲みすぎると胃腸に負担が掛かり、食欲不振になってしまいます。

 

また甘いジュースなどは糖分が多く含まれているため、空腹を感じにくくなり、食事で栄養を摂取しなくなる可能性が高くなります。水分補給のポイントは、普段から意識的に水を飲む癖をつけておきましょう。

 

目安としては、1日に約1.8リットル~2リットルを目標にするのが理想的です。特に、起床時や就寝前、入浴後や多量の汗をかいた時には必ず水分補給をするようにしましょう。 一度に飲む量やタイミングなども大切です。

 

喉が渇くという事は体の水分が不足しているサインなので、我慢せずに水分補給をして下さい。 また、多量の汗をかいた場合は塩分も不足しているので、その場合は塩分を効率よく摂取出来るスポーツドリンクが効率的です。

 

暑い日が続きますが、正しい水分補給を行い、猛暑を乗り切りましょう!!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ