お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

空の異変!?2008年ゲリラ豪雨

▼詳細
昨年の夏、ゲリラ的に降り出し日本各地で甚大な被害を起こした記録的な豪雨が、近年着実に数を増やし猛威を振るっています。
平成20年8月26日から31日にかけて発生した雨は、中国、四国、東海、関東、および東北地方などで記録的な豪雨となりました。
愛知県では28日に一宮市で120.0㎜、29日には岡崎市で全国歴代7位となる146.5㎜が観測され、広島県福山市でも29日に93.0㎜、30日に千葉県我孫子市で105.0㎜の1時間雨量が観測され、気象庁はこの豪雨を、「平成20年8月末豪雨」と命名しました。
この記録的な豪雨により、愛知県岡崎市では住宅の浸水で2名の方がお亡くなりになったほか、各地で浸水害、土砂災害や落雷による停電等が発生し、鉄道など交通機関にも大きな影響が出ました。
住家の床上・床下浸水は、愛知県では岡崎市を中心に4

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ