お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

結露にご注意!

皆様、こんにちは!

 

朝晩の冷え込みがだいぶ厳しくなってきましたね。身を刺す様な寒さなので、ご自宅や職

場では、暖房を入れたり、お鍋を食べたりと暖かいものを求めてしまいますよね!そんな

時に注意して頂きたいのは、窓ガラスなどにできてしまう「結露」です。

 

結露とは、空気が冷やされる事によって、空気中に含まれている水蒸気の一部が、水に戻

ってしまう現象をいいます。例えば暖かい部屋に、冷蔵庫から冷えたビール瓶を出してお

くと、ビール瓶の回りが結露します。

 

これは、冷えたビール瓶の回りの空気が冷やされて、その空気中に含まれている水蒸気が

水に戻る為です。

 

これを冬の寒い日の、部屋の外側と内側で考えてみましょう。例えば、部屋の内側の空気

は暖房等を入れていて暖かい場合、あまり冷やされませんが、窓や壁の近くの空気は外の

冷たい空気に冷やされているので、水蒸気が水に変化してしまいます。

 

その結果、窓や壁に結露が発生してしまうのです。

 

結露は一見、無害なように見えますが、実は少々気を付けなければならないものなのです。

結露は放っておくと、例えば窓ガラスでしたら窓枠が腐ってしまったり、カーテンやじゅ

うたんが濡れてしまい、カビが発生してしまう事もあります。

 

また室内をあまりにも暖めてしまうと、結露によって湿度も高くなってしまうので、本来

ならば夏に多く発生する「ダニ」の発生にも繋がってしまうそうです。

 

「カビ」も「ダニ」も身体に良くありません。ですから、冬になったら結露には十分に気

を付けて頂きたいのです。

 

結露の主な原因となるものは、「室内排気タイプのストーブやファンヒーター」や「洗濯物

の室内干し」、「加湿器」や「水槽や観葉植物」などです。このように室内の温度や湿度を

高くし過ぎてしまうと、冷暖の差で結露が発生しやすくなります。

 

対策としましては、換気をこまめにして、外と室内の温度差を小さくしましょう。ですが、

換気をすると寒いですよね!その場合は、昼間はキッチンやお風呂場の換気扇をつけっぱ

なしにして、リビングなどは夜寝るときに少し換気しましょう。

 

また空気の通りを良よくする為に、家具は壁から最低でも5センチは離して置くようにし

ましょう!また、結露を見つけたらすぐに拭くことも大事です。これらの事を気を付けて、

結露対策もしっかり行っていきましょうね!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ