お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

自力で出来る、飲食店のネズミ対策

ネズミは寒くなる11月から室内に侵入しやすくなります。

ネズミが侵入しやすい=飲食店のネズミ被害が増える ということなので、今週は、飲食店の自力で出来るネズミ対策についてご紹介致します!

 

【自力で出来る、飲食店のネズミ対策】

ネズミは温かい環境・食べ物がある環境・巣を作りやすい環境を好みます。

飲食店の場合、店内の温度を10度以下に保つということは不可能なので、“食べ物がある環境”と“巣を作りやすい環境”に気を付けていきましょう。

 

飲食店では下記3つの対策を施して頂ければと思います。

 

①食材は放置せずに、密閉出来る容器や戸棚にしまう。(=食べ物を隠す!)

②ダンボールをはじめ、不要な紙類・布類を処分する。(=棲み家を作らせない!)

③市販の金網やパテで、劣化した壁面や配管周りの隙間などの侵入路を塞ぐ。(=侵入防止!)

 

ネズミが侵入してしまった場合に備え、バネ式・カゴ式の罠や、粘着マットを設置してネズミを捕える方法があります。

しかし、生け捕りになってしまうことも多く、その後の処理が悩みどころです。

 

忌避剤を使用して侵入予防をすることも出来ますが、充分に知識の無い状況で食べ物を扱うエリアで忌避剤などの薬剤を使用することにも不安があります。

 

そこで、最もおすすめする方法が「業者に依頼すること」です。

正直なところ、自力で対応するにも限度があります。市販の製品でネズミを撃退しようとしても、下手したら業者に依頼するよりも時間と費用がかかる場合があります。

 

そんな時は、ネズミ駆除のプロフェッショナルである弊社にお任せください。

無駄の無い施工で徹底的にネズミの防除を致します。

お見積り・現地調査は無料で行っております。お気軽にご相談くださいませ!

 

>>弊社ネズミ駆除実績、最新版はこちら!<<

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ