お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

超簡単!ゴキブリの忌避剤Part2!

皆様、こんにちは!

とうとう2月に突入致しました。時が経つのはとても早いですね。

1日1日を大事にしなくては!と思う今日この頃です。

 

2月3日は節分でした。皆様、豆まきや恵方巻きをお楽しみになれましたでしょうか?

前回は、ゴキブリが柑橘系のフルーツハーブ類重曹を苦手とするということを

お話ししました。

今回は前回に引き続き、家庭で出来るゴキブリの忌避剤(きひざい)についてご紹介します!

 

忌避剤①

【塩+レモン汁+ハーブのアロマオイル】

ゴキブリは自ら好んで塩を食べることはありません。

小皿に塩を盛り、そこにレモン汁とハーブのアロマオイルを数滴たらします。

 

忌避剤②

【ハッカ油】

ハッカ油とはミントの成分を含んだ精油のことで、薬局などで500円から

1000円程度で購入できます。

これを水で希釈しゴキブリが侵入してきそうなポイントに撒きます。

 

 忌避剤③

【重曹+砂糖】

重曹と砂糖を1:1の割合で混ぜ、ゴキブリの侵入経路や通り道に設置します。

水分を含むとより効果を発揮します。

 

忌避剤④

【重曹+アロマオイル】

密閉された容器に重曹とアロマオイルを混ぜ、よく振ります。

冷蔵庫でねかせた後、ゴキブリの侵入経路や通り道に設置します。

 

忌避剤⑤

【アルコール+アロマオイル】

アルコール除菌スプレーにアロマオイルを混ぜ、撒きます。

 

 

ただし、同じ匂いの忌避剤を使い続けるとゴキブリが慣れてしまい、効果が無くなって

きてしまいます。

2週間に1度くらいのペースで変えてみると良いでしょう。

100円ショップなどで売っている安いアロマオイルは、エタノールを多く含んでいるため

効果が薄いのでお気を付けください。

 

ハーブやスパイスの種類によっては持続性があるものや即効性があるものがあります。

そしてアロマオイル > スパイス > 苗・植物という順番で効果を発揮します。

市販で売っている科学的な殺虫剤や忌避剤と比べると効果が薄いですが、人体に無害の為、

安心して使用することが出来ます。

 

組み合わせを変え、オリジナルの忌避剤を考えるのも楽しいかもしれません!

様々な忌避剤を試し、自分に1番合う忌避剤を作ってみてはいかがですか?

 

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ