お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

近年被害が拡大している、トコジラミ

皆様、こんにちは!

 

すっかり秋も深まって参りました。そろそろ夜は軽めのコートを羽織っても良い季節にな

りましたね。これから本格的に冬支度を始めなければ!

 

さて今回は、「トコジラミ」についてお話させて頂こうかと思います。日本では50年程前

に絶滅したと言われていた「トコジラミ」ですが、海外で大発生し、近年日本でも被害が

拡大しております。

 

そんなトコジラミの生態と対策を考えていきたいと思います!

 

まず「トコジラミ」ってなんだ!?という所からご説明させて頂きたいと思います。トコ

ジラミとは、名前に「シラミ」とついていますが、シラミ目ではなく、カメムシ目に属す

寄生昆虫だそうです。

 

別名「南京虫(ナンキンムシ)」や「床虫(トコムシ)」とも呼ばれており、人間の血を主

に吸血します。見た目は非常に小さく成虫でも5ミリから8ミリ程度です。幼虫になりま

すと、もっと小さく、1.3ミリ程ですが、成虫ならダニなどと違い目視可能です。

 

体色は薄黄色や赤褐色で、血を吸うとより濃い茶色になります。幼虫・成虫関わらず、

生存期間を通じて栄養分を血液に頼ります。

 

トコジラミは“はね”がないので、自力では長距離移動はできませんが、人間の荷物また

は輸送される家具などに取り付くことで、生息範囲を広げることができます。こちらが原

因で日本でも被害が増えてきたようです。

 

メスは1日あたり5~6個の卵を産み、一生の間に500個程度の卵を産みます。25℃

の環境下では卵期間が約5日、卵から成虫までの期間が約40日です。

 

だいたいの寿命が10カ月から1年くらいで、昼間は床板や壁の隙間、ベッドや椅子の中、

座布団やカバンなどの縫い目の間、カーテンの重なった部分などに潜んでいて、人目につ

きません。

 

夜間になり人間の呼気に含まれる二酸化炭素を感知して出てきて、肌の露出した部分を狙

い吸血します。吸血する際に唾液を注入され、それが原因となって、後にひどいかゆみを

引き起こします。

 

近年では、宿に泊まったお客様がトコジラミの被害に合い、仕事ができなかったとして訴

訟問題に発展したケースもあり、サービス業を営むオーナー様方の頭を非常に悩ませてい

るのが「トコジラミ」です。

 

対策としましては、こまめに掃除をする事。特にベッドやベッドマット、布団、ソファ、

じゅうたん、畳の隙間、カーテン。狭いところが好きなので、壁と床の間の隙間、引き出

しの奥、家具の継ぎ目などです。

 

対策もむなしく発生してしまった場合は、個人での対処は非常に難しく、掃除機で吸うだ

けでは死にませんし、市販の殺虫剤などもあまり効き目がない場合が多いようです。

 

その部屋にあるものは持ち出さないようにしたり、布団を洗ったり、様々な場所を掃除し

たりと、かなり大がかりになってしまうので、被害を最小にする為にも専門の業者に依頼

するのが一番効果的だと思います。

 

弊社でも「トコジラミ」の駆除を行っております。お困りの際はお気軽にご相談下さいま

せ!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ