お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

降雪量の減少と地球温暖化の関係

▼詳細
冬と言うと一面に広がる雪景色を想像される方が多いのではないでしょうか?
しかし、近年暖冬など様々な要因が影響を及ぼし、日本では降雪量が減少br />しており、スキー場などでは雪不足で営業が出来ないなどの被害も出ています。

雪が降ると、交通機関などに影響が出てしまい、余り好まない方もいるかも
しれませんが、降雪量が少なくなる少雪により水資源が不足し、稲作に
悪影響を及ぼします。
稲作などの農作物に悪影響が出てしまう、という事は日本の経済にも
勿論、影響は出ますので降雪量の減少は、私達に全く関係の無い事では
ないのです。

さて、この降雪量に密接に関係している暖冬が何故起きるのかと言うのは、
地球温暖化と太陽活動が要因とされていますが、全て地球温暖化と太陽活動が
原因と一概に言える訳ではなく、未だに原因ははっきりしていません。
しかし、地球温暖化が全く関係していないという訳ではありませんので、
これから地球温暖化の原因を如何に抑えていくか、無くしていくかというのが
重要になってきます。

地球温暖化の原因の一つである二酸化炭素の排出量を私達、一人一人が
減らしていこうと行動していく事が、地球温暖化による悪影響を
無くしていくのではないでしょうか。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ