お得なキャンペーン実施中!!

プレスリリース・環境衛生インフォメーション

黄色ブドウ球菌にご注意を

食中毒は、その原因となる細菌やウイルスが食べ物に付着し、体内へ侵入することによって発生します。食中毒を防ぐためには、細菌などを食べ物につけないことが原則となります。

 

細菌やウイルスは目に見えないため、どこにいるか分かりませんが、私たちの周りの至るところに存在している可能性があります。

 

黄色ブドウ球菌は、人間の鼻やのど、傷口やあかぎれなどを棲み家とします。菌が体内に直接入って作用するのではなく、食べ物の中で大量に増殖して作られる、エンテロトキシンという毒素によっておう吐、下痢、腹痛などを発症します。

 

加熱してもこの毒素は消えないので加熱処理では予防できないそうです。ですので調理中の手洗いを励行します。

 

大きなアカギレなど、手に傷のある時はゴム手袋や指サックなどを使うようにして、食材には直接触れないようにしたり、くしゃみなどから感染することもあるので調理中、マスクをしたりすることが予防策になります。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル 0120-60-1604

24時間対応/年中無休(年末年は始除く)

メールでのお問い合わせ